風に吹かれて
ターシャ・テューダーさんに憧れています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンスエドワード島他、吉村和敏さんの写真集紹介・・・
 
 数年前に、あるきっかけで吉村和敏さんの写真集に出会いました。
 「草原に続く赤い道」という作品です。
 赤毛のアンの故郷、プリンスエドワード島の12か月を映したものということで、早速買ってみました。
 普通の単行本のサイズでとても見やすく、しかも期待を裏切らない美しい写真がいっぱい・・・。
 

 
   表紙はこのような写真です。 中をお見せできないのが残念です。
 「赤毛のアン」にこだわることなく、島の折々の季節の、様々な風景を映し撮っており、
 アンの愛好家でなくとも、充分に楽しめる見ごたえのある写真集です。
 この本を購入してから、すっかり吉村さんのファンになってしまいました。
 気がついたら、さらに2冊写真集を購入、今月はさらに来年のカレンダーも早々と買ってしまいました。
 
 
 2冊目はこの本です。
 やはりプリンスエドワード島の四季を撮影したものです。
 なんといっても表紙のリンゴの並木道の美しさに魅せられてしまいました。
 

 
  そしてこの本はただ今、実家に旅に出ています。
  実は父が寝たきりになってしまったものですから、少しでも気分が晴れるようにと持っていったものです。
  想像以上に喜んでもらえたので、持っていった甲斐があり、うれしく思いました。
  母もとても気に入ってくれて、時々ぱらぱらとめくって見ているようです。
 
  3冊目はこちらです。
  

 
  「 小さな村は 聖なる 鐘の音に つつまれていた」・・・ なんて素敵な題名なんでしょう・・・。
 この表紙の教会はオーストリアのもので、この本では世界各地の美しい情景を撮影しています。
 やはり普通サイズの手に取りやすい本で、見開きの2ページにエッセイ風の説明文があり、
 そのあとに、写真が出ているので、知らないところでもわかりやすく、理解し易くなっています。
 フランス、ドイツ、カナダ、ニュージーランド、ギリシャなど、いろいろな国の風景が楽しめます。
 特にギリシャのページの碧い海と白壁の家々との対比が、とても印象的でした。
 
 そして来年のカレンダーがついに昨日、我が家に届いたのです。
 

 
    カレンダーは一年付き合うものですから、毎年気に入ったものをかけるように心がけていますが、
  来年のカレンダーはこれ、プリンスエドワード島の四季を映したものです。
 

 
    裏表紙に12か月の写真がダイジェストされていました。 私は表紙と4月と10月の分が特に気に入りました。
  昨年はターシャ・テューダのもの、今年はボタニカルアーティスト、ル・ドゥーテのもの
  そして来年はこのカレンダーというわけです。 気分を癒してくれそうなカレンダーで、期待できます。
 
  それだけではなく、またまたもう一冊買いたいと実は思っているのです。
  というのも新しい写真集が発売され、それがまた素敵なのです。
  「MAGIC HOUR」という題名です。
  マジックアワーとはどんな時間のことでしょうか。
  吉村さんの解説によれば
   「MAGIC HOUR(マジックアワー)とは、夕日が沈んだ直後から、一番星が現れる(見えるようになる)
   時間のことをいいます。空はピンク、パープル、オレンジ、イエローに染まり
   この時間、地上にあるすべての風景は、淡い光の粒子に包まれ、劇的に美しく輝き出します。」
 
                  夕日が沈み、空に一番星が現れるまでの間。
                  世界が最も美しく見える「魔法の時間」。
            マ ジ ッ ク ア ワ ー
                  淡い光の粒子に包まれたすべての風景が、
                  いつしか最も美しい姿に生まれ変わるとき、
                  その宇宙からのメッセージに、心が満たされる。
 

 
                この写真に魅せられてしまいました。 なんだか夢の世界の風景のように淡い色合いです。
        このような微妙な淡い色合いの美しい写真がたくさん載っていると思うと、欲しくなりますね。
        このような本もあるのです。      

        これは「BLUE MOMENT」という写真集です。
    こちらもとても美しいのです。
    「ブルーモーメントとは、朝、陽が上る寸前と、夕方、陽が沈んだ
     直後の数分間だけ空が青く染まる瞬間のこと。」だそうです。この本の紹介で知りました。
     つまり、マジックアワーで空が淡く染まったあとに起こるブルーの世界だそうです。
     どちらも色がとても美しいので迷っています。
     どちらかひとつ買いたいと思うんですけど、どちらがいいでしょう??   
     私は色が様々でとても繊細なマジックアワーのほうが少し魅力が大きいか、と思っています。
     でも写真集ばかり買っていて、そんなに余裕があるのか、と叱られてしまいそうですね。
  
    テーブルの上のぶたさんも心配そうに見ていますね。
     
  
 その点々は種じゃなくて、ぶたさんの冷汗なの??
 
                       あら、あこちゃんもそんなにこわい目で見て・・・。
 

    
                                   ちょっとこの不景気なご時世に無駄遣いが多いんじゃない、お母さん!
 
   そ、そうですね、反省してよく考えてみます。
   で、ちなみに、作者の吉村和敏さんは信州出身の方、ロバートレッドフォードばりの好男子です。
     ↑
   反省の色が見えない・・・。
                                 
 
         で、この私、別に吉村さんの回し者でもなんでもなく、ただのファンです、念のため・・・。
                     
 
 
         
 
                     
   
                                         
 
                
 
                  
     
 
 
 
   
 
 
 
  
 
 
  
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tizumi3380.blog.fc2.com/tb.php/102-2b1f8fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soty

Author:soty
花が大好き、見るのも育てるのも・・・
どうぞよろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



蝶が舞うリースの時計



風に吹かれて

四季折々の花を求めて・・・ 拙いブログで綴ります。 ボタニカルアートも勉強中。

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。