風に吹かれて
ターシャ・テューダーさんに憧れています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫返し神社とシャーレーポピー
近くにあっても知らなかった名所って、けっこうあるものですね。
今回、娘からの情報で、立川に狛犬ならぬ狛猫(?)の鎮座まします、猫を守る神社があるとのこと、
猫を守る神社ならぜひとも行かなくては、と早速行ってきたのでした。





こちらは阿豆佐味天神社といいます、別名立川水天宮、主に安産・子授けの守り神だそうです。
境内には、その他蚕影神社(猫返し神社、養蚕の神)、八雲神社(厄除け)、
疱瘡社(疫病除け、縁結び)等があります。
本殿にまずお参り、なかなか落ち着いたりっぱなお社ですね。



本殿の右に入り、こちらが目的の蚕影神社(こかげじんじゃ)、猫返し神社です。
ご祭神は金色姫命で、養蚕の神、蚕に禍をなすネズミを捕らえる、猫の守り神でもあるところが、
猫返し神社と呼ばれる由縁、ということです。

こちらの神社が有名になるきっかけとなった話。
ジャズピアニストの山下洋輔氏の愛猫が行方不明になり、当社で願掛けをしたところ、
翌日に戻ってきたということからだそうです。
その後も他の猫が行方不明になり、又ご祈願したところ、戻ってきた話などを
雑誌のエッセイに載せたために、全国的に有名になったそうです。

    




こちらがその狛猫ちゃん、「ただいま猫」というそうです、いかにも猫的な優しいお顔ですね。
体をなでてあげると良い、ということなので、たくさんなでなでしてきましたよ。


猫の健康、安全を祈願する神社というのは全国的にはけっこうあるようですが、
私は今回初めてお参りしました。
というのも、ブロ友さんの愛猫クロちゃんが亡くなり、また行方不明の猫ちゃんの話も聞き、
我が家のあこの健康長寿はもちろんのこと、それらの猫ちゃん達がみな幸せになるように、
との願いをこめて、お参りしてきたのでした。


さて、立川といえば昭和記念公園、この神社からは歩いてもいける距離だったので、
ウォーキングも兼ねて、見頃のシャーレーポピーを歩いて見に行くことにしました。
アイスランドポピーは何度も見ましたが、シャーレーポピーを見るのは初めてです、わくわく。



秋にはコスモスでいっぱいになる、花の丘にあるということでしたが、その間にもきれいに
咲いているところがありました、こぼれ種で増えたそうです、雑草の中でたくましいですね。



            下から撮ると、花が透き通るようでとてもきれい、つぼみもたくさんあります。



こちらは何気なく撮った写真なのですが、虹のような光が射していました、なんでしょう、天使の光?



花の丘です、つぼみもたくさんありますが、全体的に見れば、8部咲きといったところでしょうか。
アイスランドポピーと違って真紅の花が多いので、満開の頃には全体が真っ赤になることでしょうね。















よく見ると、花色もいろいろとあり、可愛いお花がたくさん、見入ってしまいました。



皆の広場では、菜の花が満開でした、元気の出る黄色い花が一面に・・・、さわやかですね。
愛猫の健康祈願もでき、きれいなシャーレーポピーも見ることが出来て、良い一日でした。






おまけは、神社で買ってきた、猫のお守りです、それからきれいなお顔の猫ちゃんの絵馬。






































スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tizumi3380.blog.fc2.com/tb.php/23-5b3e30d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soty

Author:soty
花が大好き、見るのも育てるのも・・・
どうぞよろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



蝶が舞うリースの時計



風に吹かれて

四季折々の花を求めて・・・ 拙いブログで綴ります。 ボタニカルアートも勉強中。

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。