風に吹かれて
ターシャ・テューダーさんに憧れています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇仙峡の紅葉は・・・
前回の続きです。
明くる日も幸い、お天気に恵まれて朝から日が照っていました。
片付けもそこそこに済ませて、午前中に昇仙峡に向けて出発、ただし少し油断していました。
ナビに任せて着いたところは、なんと仙娥滝、ロープウェーの入り口でした。
通常は長潭橋から仙娥滝に向けて渓谷を眺めつつ登っていくのですが、到着点に着いてしまいました。
まあ、逆のコースもありかなと反対に歩いてみることにしました、でも帰りが登りとはきつい。


水晶発祥の地として知られる昇仙峡だけに、山道に入るまでにたくさんの水晶のお店が・・・。



そして昇玉堂というお店のお堂に祀られた世界最大の水晶玉。
1.2トンあるそうで、触ると願い事が叶うそうです、しっかりと触ってきましたよ。



山道を入り、階段を下りていくと、いきなり仙娥滝の勇姿が現れました。
滝の撮影は難しいですね、水の流れがうまく撮れなくて・・・。
中央より上に虹が出ているのが、見えるでしょうか。



川を見下ろせば、巨大な石がごろごろ。



渓谷伝いを歩いていくと、斜面の紅葉が見えてきました、赤い紅葉はまだ見られませんが。



これは石の門、この巨大な石の下を歩いていきます、この石、少し「浮いている」そうです。




やっと赤い紅葉が見えてきましたね。





ちょうど紅葉のみどころに設けられたお休み処、ほうとうなどが食べられます。



紅葉の下で楽しくお食事している人達。



これはかの有名な覚円峰の一角だと思います、彫刻家の刻んだオブジェのような岩肌。



このような、絵のように美しい錦も見られました。



真っ赤に燃えるような紅葉は少なかったですけれど、部分的にはとてもきれいに紅葉していました。
渓谷の美しさも充分見られたし満足かなあ・・・、そしてもう一ヶ所寄りたいところが・・・。



仙娥滝入り口付近にあった「影絵の森美術館」、藤城清治さんの影絵の作品の展示会場です。
とても幻想的な世界でしたよ。 絵はがきを買いましたので、その中から3点ほど載せますね。



<そよ風の天使>

 
 


                    <上を向いて歩こう>                                          <人魚姫>

影絵美術館では最大だそうです、館内は照明がなく暗い中に作品が浮かび上がりとてもきれいでした。




で、私はこんな可愛い男の子のピンバッチを購入、早速帽子につけてみました。

























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tizumi3380.blog.fc2.com/tb.php/47-91957ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soty

Author:soty
花が大好き、見るのも育てるのも・・・
どうぞよろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



蝶が舞うリースの時計



風に吹かれて

四季折々の花を求めて・・・ 拙いブログで綴ります。 ボタニカルアートも勉強中。

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。