風に吹かれて
ターシャ・テューダーさんに憧れています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首、そして・・・
 三が日も終わり、今日からお仕事という方も多いかと思われますが、我が家はまだまだお正月モード。
 学校はまだお休みですし、7日までは松の内ですので、もう少しのんびりしてもいいですね。
 
 皆さんはお正月に百人一首で遊んだという経験がおありでしょうか。
 昨今ではあまり見かけない風景となりましたけど、私がまだ実家に住んでいた頃には
 お正月には家族みんなで楽しんだものです。
 といっても昔の人はなぜかとてもたくさんの歌を暗記していて、いつも父と母との札の取り合い
 という結果になったのですけれど・・・。
 
               
 
        昨日、実家に年始の挨拶に行った際に、昔みんなで遊んだ百人一首をみつけました。
        もう数十年も前のものなのに、まだ全部そろっていて割合きれいでした。
        なんだかなつかしくて、そのまま借りてきてしまいました。
 

 
         詠み札は、それぞれの歌の作者の絵が描かれていて、なかなかきれいですね。
       皆さんは学校で百人一首の暗記の宿題に苦しんだという経験はありませんか?
       私は高校3年の冬休みに百首全部覚える宿題があって、大変な思いをしました。
       娘の学校では中学校で暗記の宿題が出たそうです、学校によっていろいろですね。
   
      教材として学ぶと味気ないですが、一首一首をじっくり意味を考えながら詠んでいくと
      心に響く和歌もけっこうあるものです、私の一番のお気に入りはこの歌です。
 
           玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
                      忍ぶることの 弱りもぞする
 
                                        式子内親王 新古今和歌集より
 
                

 
   解釈はいろいろあるようですが、このような意味だと思われます。
 
      玉に通した緒のようなわが命よ、絶えてしまうなら、いっそのこと絶えてしまえ、
      これ以上生き永らえれば恋しさがますます募るばかりで、
      切れやすい緒がいつ切れてもおかしくないように、耐え忍ぶ心が壊れてしまいそうだから・・・。
 
   玉の緒よ、という表現が素晴らしいと思います。
   真珠のネックレスとか、数珠の玉は、ある時急に糸が切れて、一瞬でパッと飛び散ることがあります。
   そのように長く耐え忍んでいると、耐えきれずに心もぱっとはじけ飛んでしまいそう、という思いなのでしょう。
   忍ぶ女性の心が良く表われていると思います。
   他にもいろいろと素敵な歌がありますが、お気に入りの歌ってありますか?
 
   百人一首には入っていないのですが、もうひとつとても気に入っている和歌があるので、紹介します。
   鎌倉幕府の3代将軍源実朝の詠んだ歌です。
 
           おおうみ   いそ
           大海の磯もとどろによする波
                 われてくだけてさけて散るかも    
 
                                          源実朝  金塊和歌集より
 
   言葉そのままの意味なのでわかりやすいと思います。
   下の句は、波が鋭い岩にあたって飛沫となる様が、目に浮かぶような表現だと思います。
 
   源実朝は28歳で甥の公暁によって暗殺されます。  この歌はその1年半ほど前に作られたそうです。
   将軍という最高位にありながら、常に命の危険にさらされ、実の母北条政子からも命をねらわれていた
   実朝は、この時すでに砕け散る波に、自分の未来を見ていたのかもしれません。
   そう思うと、いっそう心に響くようです。
   とても素直で思いやりのある人でもあったようです。 このような歌もあります。
 
                    よも
        物いはぬ四方のけだものすらだにも
                    あはれなるかなや親の子を思ふ
 
 
   物を言わないどこにでもいる獣でさえも、いとしいことよ、親が子を思うさまは、という意味です。
     
     短歌や俳句などは、日常生活ではほとんど触れる機会がありませんけれど、
   日本の伝統的な文学には違いないので、お正月くらいは親しんでみてもいいかもしれませんね。
   
      
     
   
   
  
  
 
     
      
      
      
              
       
    
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tizumi3380.blog.fc2.com/tb.php/93-f14c4a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soty

Author:soty
花が大好き、見るのも育てるのも・・・
どうぞよろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



蝶が舞うリースの時計



風に吹かれて

四季折々の花を求めて・・・ 拙いブログで綴ります。 ボタニカルアートも勉強中。

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。